投資

テクニカル分析に欠かせないインジケーターの種類と説明

Pocket

相場の流れを把握するには欠かせない?テクニカル分析ツール種類と説明

 

 

相場(替レート変動)の分析するツールは、主に指標として多くのトレーダーが使用しております。
取引する際に、初心者の場合にテクニカル分析をせずに、取引を開始する場合があると思いますので、
自分にあった物を選定して、それを元に取引を実施して頂きたいと思い今回記事で紹介致します。

 

大きく分けて4つの系統がある「トレンド・オレシレーター・ボリューム・ビル・ウィリアムズ」これらを4つの記事に分け説明致します。

 

(※今後は、下記URLからページ繊維できるように対応致します。)

●トレンド系
URL:<取引には欠かせない?トレンド系インジケーターの特徴と説明>
●オレシレーター系
URL:近日中に更新「URL添付」
●ボリューム系
URL:近日中に更新「URL添付」
●ビル・ウィリアムズ系
URL:近日中に更新「URL添付」

 

 

4系統のインジケーター種類一覧

 

<トレンド>
・average directional movement index(平均方向性指数)
・Bollinger Band(ボリンジャーバンド)
・Envelopes(エンベロープ)
・Ichimoku kinko Hyo(一目均衡表)
・Moving Average(移動平均)
・ParabolicSAR(パラボリック SAR)
・Standard Deviation(標準偏差)

<オレシレーター>
・Average Trure Range(アベレージ・トゥルー・レンジ)
・BearsPower(ベアパワー)
・BullsPower(ブルパワー)
・Commodity Channel Index(商品チャンネル指数)
・DeMarker(デマーカー)
・Force Index(勢力指数)
・MACD(テクニカル分析指数)
・Momentum(モメンタム)
・Moving Average of Oscillator(移動平均オシレーター)
・Relative Vigor index(相対活力指数)
・Relative Strength Index(相対力指数)
・Stochastic Oscillator(ストキャスディング)
・Williams’ Percent Range(ウリアムパーセントレンジ)

<ボリューム>
・Accumulation/Distribution(蓄積/配信)
・Money Flow Index(マネーフローインデックス)
・On Balance Volume(オンバランス数量)
・Volumes(ボリューム)

<ビル・ウィリアムズ>
・Accelerator Oscillator(ACオシレーター)
・Alligator(アリゲーター)
・Awesome Oscillator(オーサムオシレーター)
・Gator Oscillator(ゲーターオシレーター)
・Market Facilitation Index(マーケットファシリテーションインデックス)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です