投資

取引には欠かせない?トレンド系インジケーターの特徴と説明

Pocket

 

取引には欠かせない?トレンド系インジケーター

の特徴と説明

 

 

閲覧頂きありがとうございます。
前回の<テクニカル分析に欠かせないインジケーターの種類と説明>は、
閲覧して頂けたでしょうか。

今回は、そこで取り上げたトレンド系インジケーターについてご説明致します。

 

3分程度で読み終わると思います。皆さんのトレードで役立つ情報、
使って見たいインジケーターが、見つかると幸いです。

 

 

トレンド系インジケーターの特徴

 

現在の為替レートを一目で判断できるインジケーターになります。
主に順張りで使用されます。

 

私的トレンド系インジケーターのオススメ!

 

ParabolicSARStandard DeviationIchimoku kinko Hyo」の
3つがオススメです!
特にParabolicSARとStandard Deviationを組み合わせれば、
早い段階でドレンドを判断できると感じました。

 

皆さんも自分にあったインジケーターを見つけてトライ&エラーで
取引に活用してみてください。

 

 

トレンド系インジケーターの各種説明

 

average directional movement index(平均方向性指数)

 

トレンドの存在を確認するための指標です
+DI-DIを上に抜けた時に買い、-DI+DIを上に抜けた時に売ることを推奨している


ADX(青緑):トレンドの強さを表す
+DI(緑色):価格の上昇度合を表す
-DI(赤色):価格の下降度合を表す

 

Bollinger Band(ボリンジャーバンド)

 

移動平均線を軸にトレンドの転換点を見定めることができる指標です
移動平均線を軸として+-3σ(シグマ)で表します。
σの数字が大きければ大きいほど転換する率が高くなります。

+-1σ(1次標準偏差:青緑色)=68.3%
+-2σ(2次標準偏差:白色)=95.5%
+-3σ(3次標準偏差:黄色)=99.7%

 

Envelopes(エンベロープ)

 

価格が移動平均線からどの程度離れているかを目視でき、
転換点を見定めることができる指標です

 

 

Ichimoku kinko Hyo(一目均衡表)

 

買いと売りのシグナルを見定めることができる指標です
主に「転換線・基準線・先行スパンA・先行スパンB」からなります

転換線:(最大値+最小値)÷2=初期期間の平均価格
基準線:2番目期間の平均価格
先行スパンA:(転換線 + 基準線)÷2
先行スパンB:(過去52日間の高値 + 安値)÷2

 

 

Moving Average(移動平均)

 

文字通り、一定期間の平均価格を示しています。
広く使用されている指標でランダムな価格変動から不必要な値を除外して、
価格変動を円滑にしています。



 

ParabolicSAR(パラボリック SAR)

 

トレンド相場を解析するための指標で価格によって状態が変動しやすいのが特徴です
上昇トレンド:価格の下に表示
下降トレンド:価格の上に表示

 

Standard Deviation(標準偏差)

 

為替のレートの値動きが+-大きければ、Standard Deviationの値が
大きく動きくのが特徴です。
つまり、トレンドの見極めをする際に役立ちます。
「この指標+
その他の指標」を組み合わせで使用すれば
無駄なポジションを取ること防げます

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です