投資

THEOでの初心者コツコツ投資

Pocket

THEOでの初心者コツコツ投資!

 

 

投資の一角として人気なのが、ロボアドバイザー が有名です。今回は、その1つにあたるTHEOについて調べましたので、連携させて頂きます。

 

今回ご紹介するものは、「初心者の方が投資を始めるならどれから始めればいいの?」という問題の糸口になるのではないでしょうか?

(※5分程度で読むことが可能です。)
目次も設定していますので、必要があればご使用ください。

 

THEOとはなんですか?

 

THEOについてご紹介する前に”ロボアドバイザー ”についてご紹介致します。

2017年から徐々に世間でも話題にあがるようなった”ロボアドバイザー”では、「なぜ人気が徐々に上がり始めたのか?」というと部分に焦点を置いて考えると、2つ考えられます。

1.投資初心者の方々でも簡単に投資が行えるようになったこと
2.預けているお金の安全性が確率されたこと
3.使用しているユーザ が増えたこと

上記の理由が現在まで人気が絶えない理由なのではないかと思います。

では、「”THEO”とはなんなのか?」ですが、一言で言うとロボアドバイザー の1種の製品になります。

 

運用方針・投資の運用・資産配分を全て自動で行なう仕様になっております。

また、THEOに関しては投資資金が1万円から行うことができ、投資未経験の方でも低リスクで投資を始めることが可能なので、投資のことを学ぶには最適なツールです。

 

他にも似たような会社はあるのですか?

 

THEO以外にも数多く”ロボアドバイザー “の業者は、存在しますので自分に合う業者を見つけてください。私の場合は、THEOを使用しています。理由としては、下記3つが挙げられます。

1.源泉徴収をしてくれる特定口座を選ぶことができること
2.運用開始を1万円から実施することができること
3.ETFによる運用であること

THEO以外にも多くの業者があります。過去にまとめたコンテンツがありますのでそちらを参照して頂ければ幸いです。

【※過去記事になります】

 

 

 

 

現在開催中のキャンペーンを紹介

 

現在は、「THEO + docomo」を実施しています。このキャンペーンは、ドコモユーザ を対象としたキャンペーンで、内容は下記2つになります。

 

1.預かり金に応じてdポイントを贈呈します
2.dカードで買い物した際のおつりを積立投資に回すことができます

 

ページリンクを貼りますので、ご興味ある方確認してみて下さい。
(※広告ではないので、ご安心ください。)

 

「THEO + docomo」どのようなキャンペーン?

 

最低投資金額はどのくらいですか?

 

THEOも昔は、10万くらいないと投資を始めることが不可のでしたが、近年ではなんと「1万円」で始めることが可能となりました!!私の場合、複数色々なことに手を出しているため、纏まったお金を準備することが難しいため、非常に助かっております。

 

私と同様のパターンや投資について少し触れてみたいという方にオススメ致します。私自身も改めて2019年1月から運用を始めましたので、共に将来に向けて投資をしましょう。

 

運用成績は気になるところ

 

ロボアドバイザーを使用している人は、世の中でたくさん存在します。その方々は、SNS等で情報発信をしているので検索してみると意外と見落としていた点など理解できることが多々あります。

 

今回は、Twitterでのコメントを2つ抜粋致しましたのでそちらをご確認ください。

 

【THEOの評価:プラスの考え】

 

【THEOの評価:マイナスの考え】

 

 

出金するときは気をつけてください。

 

なぜこのようなことを書いているかと言いますと,,実は、取引口座に10万円ある状態でなければ引き落としをすることができません。

 

正確には引き落としはできるのですが、アカウント自体が削除されますので気をつけてください。また、アカウントの再発行に関しては、翌年の1月1日からになりますので注意が必要です。

 

投資としてお金を運用するのですから、上記対応は当然だと思います。短期的な取引には不向きですので運用する際は、気をつけてください。

 

END〜

 

閲覧して頂きありがとうございます。今回は、「THEOでの初心者コツコツ投資」という題名で書かせて頂きましたが、参考になる点・興味が持てる点などありましたでしょうか。

 

引き続き、うすしおな情報を今後とも連携させて頂きますが、実体験を元に書いているので..
参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です